2023年の手帳『ジブン手帳Lite mini』の使い心地の自分メモ

2023年に使っていた手帳、ジブン手帳Lite mini。

ジブン⼿帳Lite mini2024|1年で終わらない。一生つかう「ジブン手帳2024」|コクヨ株式会社
ジブン手帳2024のラインアップの紹介です。コクヨ ジブン手帳2024 ジブンの人生がこの1冊に。今、話題のライフログダイアリー。便利で楽しい機能を随所に盛り込みつつ、シンプルかつ美しくデザインされています。

1年使ってみてざっと使い心地を振り返ります。

自分が使ってみてどうだったか、という自分が手帳に求めるものは何かを深掘りするための記録的な記事ですので、ゆるっと。

 

良かったところ

コンパクト

表紙が一体化しているので余分な厚み等もなく、本当にスリム。

表紙の手触りもよく、物として持っている部分としてはとてもよかったです。

ライトピンクを選びましたが、本当に可愛いくてテンションあがります。

マンスリーの下のハビットトラッカー

必ず開くマンスリー部分にあるハビットトラッカー。

やっぱり、常に目にするって重要ですね。

1ヶ月を見通す時も、1ヶ月を振り返る時も、今月継続して頑張ってきたことを考えやすくて良かったです。

今年、ここが一番使い込んだところかも。

 

合わなかったところ

全体的に小さかった!

「持ち運びがしやすいコンパクトさ」と「色々書き込める紙面サイズ」は相反しますよね。

2022年の手帳がSUNNY手帳だったので、カバーも一体となった今回のこの手帳はだいぶコンパクトで持ち運びの際は本当に助かりました。

けれど、やはり、紙面が小さい。

マンスリーとウィークリーの横にチェックボックスがついているのですが、1マス3mmほど。

横幅も縦幅もせまく感じ、私の文字では2行にわたってしまうこともあり。

チェックボックスを綺麗にマークしていきたいのに、2行にわたっている部分がチェックしていないので、「あれ? やり忘れがある?」と勘違いすることもしばしば。

はみ出たり2行にわたったり。 字が汚いのは積年の悩み。

ウィークリー枠を全然使いこなせなかった

ウィークリー枠も小さい。横幅約2.6cm。

私の使い方として、ウィークリーには「会議」「買い物」など予定を入れるというよりは、「A者の資料を用意」「買い物のついでに◯◯申し込み」などなどTODOを書き込みがち。

私の字だとやっぱりこの横幅約2.6cmという枠は小さくてはみ出るはみ出る。

時間枠が全然機能していませんでした。

TODOは別の場所、たとえば時間軸の書いていない上部や下部に書くのでもいいんでしょうけど、やっぱり枠がせまいのと、「このタイミングでこれやる」と時間を意識して書きたいこともあるので使いこなせず。

日記的なものはアプリのPlannerに書くことにしているので、ウィークリーの上部や下部のスペースは活かせずほとんど真っ白のままでした。

そもそも今年、ウィークリーで管理することが少なかった

2022年までは簿記にFPにと資格試験の勉強を頑張った年でした。

2022年の手帳のウィークリーには勉強スケジュールを書き込んでやりこむ使い方をしていました。

が、2023年は特に受けたい資格試験がなく。

そして、今年はあまりウィークリーで管理することなかったな〜と言いつつ、だいたい毎年ウィークリーは使いこなせず真っ白です。

その理由は、

  • 気分で予定が変わる
  • 家族の用事で予定が変わる

ということが多々あり、1週間の予定をウィークリーで組んでいたとしてもだいたい崩れてしまうから。(本当は自分の気分で変わっちゃいけないんだろうけど)

そうすると、「何曜日はこれやる」程度のざっくり予定でいいのでは?

AMはこれ、PMはこれ、そして合間にやることはこれ、など。

そうすると、やっぱりバレットジャーナルがやりやすいなぁと思い、2024年はバレットジャーナルに戻ることにしました。

 

あるいは、すべての物事において、資格試験のようにゴールを設定してスケジュール化するのもいいと思うんですけどね。

「◯◯やりたいな〜」と思っているだけで動けていないのをどんどんスケジュール化、とかね。

停滞している趣味もそれでもっと動けたらなぁなんて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました